春メニューが始まりました。

春になって暖かくなると体の機能が活発に動きだし、各器官の気血の出入りを調整している

「肝」がよく働きます。しかし活発になりすぎると、めまい、イライラ、目の充血などを

引き起こします。肝の働きを平常に保つ「平肝作用」のある食材が快適な春へ導きます。

「肝」は血が充実して初めて正常に働きます。血を補う「補血作用」のある食材で血を充実させましょう。

栄養素では鉄が代表的ですが、ビタミンCや葉酸、銅などを一緒に摂ること、それと適度な運動も大切です。

また、春は陽気が盛んになり、体を潤す陰液が消耗しやすく、ドライアイやのぼせ、

口の渇きなどを引き起こします。陰液を補う「滋陰作用」のある食材を摂って体の潤いを守りましょう。

「肝」が働きすぎるとイライラしやすくなります。

そんな時は心を落ち着かせる「安神作用」のある食材を上手に取り入れましょう。

新生活で環境が変わる方の不安やストレスにも。

寒い冬は栄養分を体に蓄える季節でしたが、要らないものも溜まりがち。

気温の上がる春に「解毒作用」のある食材を取り入れてリセットし、身体も心も軽く快適に過ごしましょう。


春の薬膳茶、スイーツもかわりましたよ~

薬膳茶_5197


ということで、私の個人的な早く食べてみたい春スイーツはジャスミンのクレームブリュレ♪
ジャスミンの香りが肝の働きをよくしてくれそうです(*^。^*)
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。